近畿大学工学部 産学官連携推進協力会

社会人リカレント講座2019 学び直し「機械力学」 受講者募集中

近畿大学工学部産学官連携推進協力会「社会人リカレント講座」2019-2
~学び直したい技術者等のための基礎講座シリーズ~
学び直し「機械力学」

 機械力学は機械工学の基礎である4力学のひとつであり,振動工学とも呼ばれています。
機械の動特性解析を扱う科目です.製品の振動問題の対策や動的設計に不可欠であるばかりでなく,
機械の異常診断にも必要となる知識です。ソフトウェアの発達により,複雑な機械の動特性解析が
簡単にできるようになりましたが,その解析結果の意味を理解し,設計に活かすためには,
基礎的な力学の理解が必要です。
 本講義は大学学部レベルの基礎的な機械力学の知識習得を目指しており,初学者の学習,
および経験の浅い技術者の再学習を目的としています。
 講義では1自由度振動系の自由振動と減衰計測の方法,強制振動と共振現象,2自由度振動系と
動吸振器の考え方,などを説明します。必要に応じて簡単な実験を行うことを予定しています。

 ※リカレントとは,「回帰する」,「還流する」,「循環する」という意味で,
『リカレント教育』は社会人が職業上の新たな知識/技術を習得するために,
また,日常生活において人間性を高めるために必要とする高度で専門的な教育のことです。

【日 時】   令和元年11月26日(火) 10:00~16:00(休憩 12:00~13:00) 

【場 所】   近畿大学次世代基盤技術研究所
   (東広島市高屋うめの辺1番 工学部キャンパス内 Tel(082)434-7005)

【対象者】   企業の技術者で,機械力学の基礎に関心のある方
        機械や機械要素の設計を業務とする企業の若手・新入社員
       (自動車関連企業,工作機械メーカー,回転機械製造メーカーなどの技術者を
        考えていますが,広く一般的に機械メーカーに必要な基礎的な内容の講座です)

【募集人員】 20名 ※協力会会員を優先

【受講料】   協力会会員: 3,000円
        一   般: 4,000円

【テキスト】  オリジナル資料を配布

【講 師】   関口 泰 久
       近畿大学工学部 機械工学科 教授
       
【内 容】   (午前)1自由度振動系の自由振動,減衰測定,強制振動と共振
        (午後)2自由度振動系と動吸振器,多自由度振動系とモード解析の基礎

【持参物】   なし

【主 催】   近畿大学工学部産学官連携推進協力会,東広島市産学金官連携推進協議会

【申込み〆切】 令和元年11月19日(火)

【申込み方法】 別紙「受講申込書」にご記入の上、E-mailまたはFaxにてお申込みください。

【お問合せ・申込み先】
近畿大学次世代基盤技術研究所
Tel (082)434-7005 Fax (082)434-7020  E-mail: riit@hiro.kindai.ac.jp

※申込み多数の場合、抽選とさせていただきますので受講いただけない場合もありますが、予めご了承ください。
※受講料の支払い方法等については,受講決定後にご連絡します。

詳しくはこちら

一覧へ戻る

近畿大学工学部 産学官連携推進協力会

近畿大学工学部産学官連携推進協力会 事務局
(近畿大学次世代基盤技術研究所 社会連携センター)

〒739-2116
広島県東広島市高屋うめの辺1番
(近畿大学工学部広島キャンパス内)
TEL:(082)434-7005
FAX:(082)434-7020
E-MAIL:riit@hiro.kindai.ac.jp