組織概要

概要

本会は、近畿大学工学部がその知的財産を活かして地域活性化に貢献するため、地域の産業界等と共同で産学官の連携を推進し、共同研究・受託研究の推進、情報交換、技術者のリカレント教育の推進等を行う組織として平成14年10月に発足しました。

会員(法人・個人)、関係協力機関(行政・公益法人・団体等)及び工学部教職員で構成されています。

名称 近畿大学工学部産学官連携推進協力会
代表者名 会長/木原 和由 (東広島商工会議所 会頭)
所在地 〒739-2116
広島県東広島市高屋うめの辺1番 近畿大学次世代基盤技術研究所内
TEL:(082)434-7000(代表)
FAX:(082)434-7020
設立年月日 平成14年10月28日
会員数
  • 法人会員111社
  • 個人会員49名
  • 関係協力機関(行政・公益法人・団体等)29機関
  • 近畿大学工学部教員85名
事業内容
  1. 近畿大学と地域産業との交流に関すること
  2. 共同研究などの推進に関すること
  3. 技術相談に関すること
  4. 技術分野での情報交換に関すること
  5. 技術に関する講演会、講習会、研修会などの開催及び情報誌の発行
  6. 企業社員の研修等育成支援事業に関すること
  7. 近畿大学の教育研究の振興に関すること
  8. その他、本会の目的達成に必要な事業
(平成29年6月22日現在)

体制

近畿大学工学部では、研究機能のさらなる強化策として、これまで以上に地域の産業分野を意識した次世代技術の研究テーマを設定し、地域に研究成果を還元していきたいと考えています。

このため、次世代基盤技術研究所に「社会連携センター」、「自動車技術研究センター」、「先端ロボット工学研究センター」及び「3D造形技術研究研究センター」、「建築環境研究センター」、「先端化学生命工学研究センター」、「サービス工学研究センター」を立ち上げています。

また、近畿大学リエゾンセンターを通じて全国の近畿大学のキャンパスとのネットワークも構築しています。

 

体制図